干物女の本棚

本棚がいっぱいになってくると、読まなくなった本を古本屋に持って行ったりするのですが、そのなかで、どうしても売れない本がある。

そんな本をたまに紹介していきたいと思います。

今日の寒波で既に心が折れそうになっていますが、こんな寒い秋の日に思い出すのはこの漫画。




「ムーン」
著者 松本花 1999年2月発行 新書館 ウィングスコミックス  


漫画好きの同年代なら、結構知っている人もいるんではないでしょうか?

月夜に照らされる和洋が絶妙に入り交じった不思議な世界で、主人公の2人の少年が日々いろんな不思議に出会って行く。

長野まゆみの小説を漫画にした感じだと思う人もいるでしょう。
(といっても、長野まゆみの本は一冊くらいしか読んだことありませんが)

チタン猫、ティンクル・リトルスター、星水のソーダ割り、猫目石、万物結晶器・・・
ときめくようなフレーズ満載。

漫画ではない雑誌に、おまけのようについてる短編漫画だったように思います。
そのうちの一つの、あとり硅子の「四ツ谷渋谷入谷雑司ケ谷!!」というギャグ漫画が読みたくて雑誌を手に取った時に、偶然見つけたように思います。

そのとき読んだのが5話目の「電光浴」。

夜空を表現するのに、白い背景に黒い月や星を描く。
表紙によく編集者が煽り文を入れたりするわけですが、それが渦上に円を描いていたり。(ちょうどこの単行本の表紙の白い英字みたいに)
しかも最後のページはその表紙を左右反転させてた。
単行本では煽り文がないため、あのときの雑誌が欲しいかも・・・

当時高校生で、高校まで遠い距離を自転車で通っていたので、こんな秋が深まってきた寒い日は、一旦近所の本屋で休憩を挟み、日が暮れるのが早くなって真っ暗になった外を目の前にして、この「電光浴」だけを繰り返し読んでいました。

もう新刊は扱っていないようです。
残念ながら作者もこの本以外にこういう作風のものは書いていないんじゃないだろうか。

1999年発刊ということは、私の本棚にやってきて10年が経ちました。

でも、この漫画を頻繁に手に取ることはなくても、本屋で立ち読みしていた頃に感じた、静かで穏やかでノスタルジックな気もちは色褪せません。

車で夜、まばらなネオンの間を音楽かけながら走ってるときにも、よくこんな気持ちになります。


↓応援よろ!
人気ブログランキング
にほんブログ村 家計管理・貯蓄・節約ランキング

theme : コレ知ってる?
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

同世代だけど初めて聞きました。
でも、なんか読んでみたくなったな~。
今はどこで読めるんでしょうか?
なんとなく「星の瞳のシルエット」を連想しました。

私はベランダから外を見て
月がすごいくっきりでていたら
なんだかノスタルジックになります。
明け方とかも結構好きです。

おおお。共感しました。
読んだことはないですが、似たような感じを受けた作品はあります。
長野まゆみの「天体議会」です。
ご指摘のとおりの、似たような「ときめくフレーズ」満載です。
小説かドラマCDがあるようなので、もしご興味があればお試しください。

ムーンは残念ながら絶版のようですね…。
他で見つけたら読んでみようと思います。

こんばんは!
私も松本花さん好きですー^^
残念ながら「ムーン」は未読なのですが、カオリさんのご説明を読むと
多分同じ著者の「ティンク☆ティンク」が雰囲気が近いかも知れません。(既にご存知でしたらすみませんー)
精霊と人間と神様が一緒に暮らす小さな南の島の、双子の神様とまわりのいろいろの話です。

おはようございます!

カオリさん、おはようございます(^∀^)

『(↑上の画像をクリックしても、別にAmazonとかには飛んでいきません。
やり方がわからない)』

同じく~(≧∀≦)

私はこの漫画は読んだことがありませんが、
お話を聞いて読んでみたくなりました!

何となく私の中の「ポ-の一族」と同じ
ような位置付けになりそうな感じですvv

少し年下ですが、初めて見ました。
自分の大好きな漫画が絶版になってると
悲しいですよねーv-40

あたしも、『天使な小生意気』が絶版に
なったときは悲しかったです。
しかもクライマックスを残して読みかけ
という何ともじれったい状態に。。
近所のレンタル屋で欲求不満を解消したけど。

ーヒトミ様
ネットで検索するとe-honというネットで新書が手に入りそうではありますね。なぜか分類が「耽美」になってますが、全然違うよ!?
「星の瞳の~」はなつかしいですね。恋愛ものではないですが、星のかけらが落ちてくる、というネタは共通してます。

ーまりな様
それです、天体議会!私もそれを読みました。
あれのもっとほのぼのしたショートショートって感じです。

ーさや様
私は逆にこの本以外読んだことがないんですよ。
さやさんの言ってる漫画も、何となく存在は知ってる程度です。「ティンク~」は夏って感じで、ムーンは秋冬って感じですね。

ーあっこ様
ポーの一族って読んだことないんですが、吸血鬼の話?萩尾望都の漫画自体読んだことがないので、いずれじっくり読んでみたいです。この本はするっとさくっと読めますよ。

ーもこ様
誰か一人は知ってると思ったんですが、現実は厳しかった・・・。新書館がマイナーすぎるのかも。
「天使な小生意気」私も好きです。少年漫画におけるラブコメの最高峰だと思う。美木の婚約者を最初に負かすとことか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ハイシマ カオリ

Author:ハイシマ カオリ
年齢:40才
職業:OL
貯金:2214万円

ご連絡はこちら
haishima-k★hotmail.co.jp ★を@に変更してお送りください。
1500万円本、発売中!
1000万円文庫
新500万円文庫
LINEスタンプ
1000万円本
婚活本
500万円文庫
500万円本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ポイントサイトGendama
ポイントサイトGet Money!
楽天アフィリエイト
ポイントサイトハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
忍者AdMax
ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
買ってよかったもの
気になるもの
スポンサーサイト
相互リンク
FC2おすすめブログに認定!
recommend_bnr01.png
ブログ内検索
月別アーカイブ