全て私の無知ゆえに。

20111005.jpg


アザラシ描き続けて4年半、親にバレかかっている!


講演料や原稿料って、初めから1割源泉徴収されているものですが、この中に所得税も住民税も含まれていると思っていました。

必要経費を出して還付金をもらおうと思わなければ確定申告は必要ないと思っていたのですが、今にしてみれば、ちょっと検索すればわかりそうなものだ。

馬鹿馬鹿馬鹿。


住民票がある実家に市役所からお手紙が来た訳ですが。

勝手に開けてしまう親も親ですが、本来通知書そのものにはどこにも「○○社の××料」などとは書いていない。

役所の人間が親切心で付箋に書いて貼ってたんです!

なんてことしやがる!


結局のところ親には何も話していませんが、雑誌に投稿したか何かだと思ってるかも。

子どもの頃から漫画好きで知られているので、この年で漫画描いて投稿したのかと思われると腹立たしいけど、それほど間違ってもいないな。

確定申告をしていた場合でも、住民税の納付書が来たら不審に思われただろうけど。


それにしても、出版社も私のアパートの住所しか知らないはずなのに、役所はどうやって私を特定したのか?
おそろしい!


(9月30日~10月5日収入)
給与:189,957円
ネット収入:3,837円(Get Money! よりキャッシュバック)
.........................................
計 193,921円

(9月30日~10月5日支出)
家賃:62,252円
不定期支出:33,490円(先月のレンズ代まだ払ってなかった)
医美容費:15,960円(保湿ゲルクレンジングファンデ
交通費:6,479円
食費:4,833円
光熱水費:3,056円(水道代)
日用品費:1,094円
趣味娯楽費:126円
..........................................
計 127,290円


↓応援よろ!

人気ブログランキングへ ブログ村へ

theme : 家計簿
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

無知じゃないですよ~、そんなの税務署の人じゃないと分からないです(汗)
うちは凄い田舎で何もなくて、図書館なんかも別の市の施設を利用してるので、市民税の請求が来るたび、な~んかモヤモヤした気分になります…。高いし…。
ところで、↑のモノクロアザラシちゃんマンガ、新鮮でいいですね~!!シリーズ化希望です♪

ps.昨日はホントにありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

税金って難しいですよね。

こんばんは。
ちょっと気になったのでコメントさせていただきます。

給与所得の人が確定申告が必要なのは、
”給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える”
場合です。
ネットでの収入のために確定申告をされる際に、
原稿料も還付の必要がなくとも申告をしないといけなかったことになりますね…
原稿料はその直接の経費領収があればよいのでしょうけれど、
そうでない場合には3割を経費として申告することが多いです。

申告不要の源泉が引かれている所得で一般的なものは、
預金の利子所得、株の配当所得、退職所得等があります。
上記のものは所得税と住民税がすでに引かれているために、
申告が不要となり、
還付を受ける場合のみ確定申告をされることが多いかと思います。
日本では一般の人はあまりこういう事に詳しくないため、
ビックリしますよね。。。
事業をしている人でも意外と知らないことも多いくらいなので。

ちなみに、原稿料等の源泉徴収票は、
支払われた会社が税務署に提出する義務があります。
ハイシマさんの場合には、
おそらく所得税は5%のため(源泉所得は10%ですね)、
申告をされると還付しないといけなくなるので税務署からは連絡がなく、
逆に追加で納付の必要がある市役所からは連絡があったのでしょう。
税務署は納税になる場合にはキチンと連絡するのですが、
還付の場合には本人がアクションを起こすまでは何もしてくれません。
ただ、市役所等にはそういった情報が税務署から分かるので、
ご実家の方に連絡が来たのではないかと思われます。
(住所の移動を市役所には出されていないのでは?)
1年以内であれば”更正の請求”という手続きが取れます。
せっかくなので、税務署からは還付していただいたらどうでしょうか?
(国税庁のHP)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/01.htm
還付してもらえば、住民税の足しにはなるかと。。。
提出した確定申告書と原稿料の源泉徴収票を持って行けば、
書き方等は教えてもらえると思いますよ(^^)
蛇足でしたらゴメンナサイ(汗)

いつも面白いです(笑)

もう・・・表現が面白すぎる。

ぷぷっ・・・ってなりますね。


税金ってわからないですよね・・・。
私もまったくわかりません・・・。
給料からひかれている金額の大きさに

( ゚Д゚)ウヒョー

ってなるぐらいです・・・。

しかも、引かれているのが何なのかさえわかってない・・・。

コメントありがとうございます。

-まよこ様
ありがとうございます。
市民税、なんであんなに高いんでしょうね。しかもうちよりも田舎の市のほうが高かったりする。
ペンタブ買って約半年。ようやく1ページ漫画に挑戦するまでになりました。

-詩杏様
そうか、株の配当所得だと住民税も引かれているのか。
ネットで調べているときに株と同類と捉えたのが間違いのようでした。
(ちなみにネット収入を申告したことによって発生した住民税は、親がよくわからないまま払ってしまっていたという、オレオレ詐欺的なアクシデントが起きています・・・。)
市役所には住民税を払わないといけないけど、税務署からは所得税の還付があるかも、ということでしょうか?
そもそも所得税と住民税が別所管ということが、問題をややこしくしているのですね。
今月市役所に申告しに行くので、その足で税務署にも行ってみようと思います。
いろいろ教えてくださり、ありがとうございました!

-のさくら ゆぁ 様
笑っていただき、嬉しいです!
デジタルでは初の1ページ漫画。
コマ割を考えるのが難しく、自分では客観的に面白いのかどうかよくわからなかったので。

No title

追記です。

実は株にも色々とあるので、
配当なのか売却益なのか、その株の種類によっても実は細かく違っています。
実際に申告する場合には何に該当しているかをキチンと調べる必要があるのです(^^;)
(ちなみに、私のもらっている配当の一部は所得税しか引かれていません。。。)
普通の人がされている株による配当は通常は所得税と住民税が引かれているものですけれどね。

ちなみに、お給料から引かれる税金としては、
所得税(国税)、住民税(地方税=市町村民税+都道府県民税)ですね。
個人の人の住民税は市役所が一括して管理しているため、
県民税+市民税の両方を一緒に納めることが出来るのです。
市役所が市民の管理をしているので、
税金を徴収するには市役所の方が効率がよいからでしょうね。
(※少し難しかったらスミマセン。。。)

ハイシマさんの場合は、
おそらく税務署からは所得税の還付が受けられると思います。
もし、市役所の方に行かれると言うことでしたら、
先に税務署に行って”更正の請求”という手続きをして、
その資料の控え(コピーもしくは複写の控え)を持って
市役所に行かれる方がスムーズかと思います。
(税務署に提出すると、自動的に市役所にデータが渡りますが、
市役所からはお問い合わせが来ていると言うことですので、
持って行ってあげる方が親切かな…と思います。
もしくは、市役所の担当の方に、
税務署で申告漏れの所得の申告をしましたと言えば、
市役所の方には行かなくてもすむかもしれません。
この辺りは、市の担当者によって返答がまちまちのため、
確認された方がいいですよ。)

コメントありがとうございます。

詩杏さん、またまた教えてくださりありがとうございます!
市役所には出版社の支払調書と職場の源泉を持っていくのですが、税務署へ申告しに行くにしても同じもので足りますよね。場所も近いし先に税務署に行ってみます。

No title

再度のコメントで失礼します。

ハイシマさんは今年、確定申告をされていますよね?
職場の源泉徴収票を持っていった方がよりよいですが、
確定申告をされている場合には確定申告書を持って行ってください。
(控えがお手元にありませんか?)
今現在の段階では、
昨年の所得は確定申告書が最新のデータとなるからです。
申告をされていない人なら、源泉徴収票だけでよいのですが、
それだと他の所得(ネットの収入)が分からないので。。。
ちょっとお手間ですが、頑張ってくださいね。

コメントありがとうございます。

詩杏さん、こんばんは。
結局すべての収入がわからないと計算できないものなんですね。
ありがとうございます。

No title

”給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える” 場合は所得税の確定申告が必要で、20万以下の場合は所得税の確定申告は不要です。

しかし、「住民税」では20万以下は申告不要という規定はないので、1円から住民税の申告が必要になってしまいますよ。

確定申告で原稿料を雑所得で計算して申告していた場合、税務署から市町村に申告の内容が伝えられるので、別途住民税の申告は不要なのですが、たとえば雑所得が10万円の場合、所得税の確定申告はしないで住民税の申告だけをする必要が出てきてしまいます。

ちなみに3割を経費として申告するというのはなんの根拠も無いためオススメしません。

とりあえず、経費としては、パソコンの減価償却費分、書籍代、インターネット代、出版社との打ち合わせに行くための交通費、などで、そのうち何割かを経費とできます。

また、たとえば2DKの住んでいて、そのうち一部屋はすべて執筆のために使用していると主張し、抗弁できればその面積割合分の家賃は経費にできます。

趣味のインターネットと、原稿を書くためにインターネットをしている時間の割合で経費にしても良いと思います。

経費を集計して、実は原稿料より経費が多かった場合は雑所得は0円ですから、住民税の申告は不要ですからその旨の電話をすればよいと思います。


コメントありがとうございます。

吉田義男さん、こんばんは。
丁寧に教えていただき、ありがとうございます。
確定申告って所得税だけのために必要で、申告すればたまたま市役所へ住民税の申告もしてくれてるってことなんですね。
考えれば考えるほど難しい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ハイシマ カオリ

Author:ハイシマ カオリ
年齢:38才
職業:OL
貯金:1883万円

ご連絡はこちら
haishima-k★hotmail.co.jp ★を@に変更してお送りください。
1500万円本、発売中!
1000万円文庫
新500万円文庫
LINEスタンプ
1000万円本
婚活本
500万円文庫
500万円本
スポンサーリンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ポイントサイトGendama
ポイントサイトGet Money!
楽天アフィリエイト
忍者AdMax
ポイントサイトハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
買ってよかったもの
気になるもの
相互リンク
FC2おすすめブログに認定!
recommend_bnr01.png
ブログ内検索
月別アーカイブ